JHBSサマーセミナー2018

今月初めのパン屋さんのパン教室の次の日は
JHBSサマーセミナー2018に参加する為に
新大阪ワシントンホテルへ行って来ました。

c0347057_08202302.jpeg

講師はスイスからお招きした
フランソワ・ウルフィスバーグ先生でした。
スイス カルージュにてお店を4店舗経営されていて
数多くの製パンコンクールの審査員として
世界各国を飛び回っておられます。

c0347057_08204018.jpeg

会場が広いので先生の手元はモニターで見ます。

サマーセミナーは10:00〜15:00までで
途中お昼休憩を挟みながら
10種類のパンをフランソワ先生が作って下さいました。

パン ジュヌボワ

c0347057_08232438.jpeg

パン ペイザン

c0347057_08243141.jpeg

奥の細長いパンです。
クープが7本入っているのですが
フランソワ先生は子供さんが7人おられるので
クープは7本だそうです。

パン デコレ

サンタ

c0347057_08263589.jpeg

ネコ

c0347057_08270649.jpeg

ゾウ

c0347057_08273398.jpeg

ゾウはこちらの方がわかりやすいかも…
サンタとネコもチラリと写ってます。

c0347057_08281091.jpeg

パン オ グリエール エ ノワゼット

c0347057_08302537.jpg

2002年製パンワールドカップの時にフランソワ先生が考えられたスイスの国旗をイメージしたパンだそうです。

パン オ フィグ

c0347057_08321978.jpeg

スイスのおやつ(16時頃)に食べるパンだそうです。
このままでもおいしいけどチーフやフォアグと合わせても美味しいそうです。

クーロンヌ&ブレッゼル(プレッツェル)

c0347057_17160560.jpeg

クーロンヌは1月6日の公現祭に食べるパンで中にフェーヴェが入っていて、それが当たった人はその日、王様になって皆から祝福されます。
ガレット・デ・ロワのパン版みたいですね。

c0347057_17274453.jpeg

サレ オ シュークル

c0347057_17271908.jpeg

デザート系のパンでクーロンヌの生地で作ります。

パン マルセル

c0347057_17292095.jpeg

薄くカットしてチーズをかけて食べたりするそうです。

c0347057_17300485.jpeg

パン オ ルヴァン ナチュレル

c0347057_17321172.jpeg

エリソン

c0347057_17330148.jpeg

パン オ ナチャラルに格子に切り込みを入れて
そこにモッツァレラチーズとヘーゼルナッツを入れて
アルミホイルで包んで焼いたパンです。
エリソンはハリネズミという意味だそうです。

お昼御飯は新大阪ワシントンホテルのお弁当でした。

c0347057_17363962.jpeg

和食、洋食、中華、デザートが入っていて
御飯とお味噌汁が付いていました。

そして、 セミナーの最後はフランソワ先生がデモンストレーションして下さったパンの試食と抽選会でした。

試食のパン

c0347057_17390656.jpeg

残念ながら抽選会は当たりませんでしたが
お土産にテーブルクロス2枚、バックinバック、2019年のカレンダーを頂きました。

c0347057_17410219.jpeg

そして、サマーセミナー終了後に引き続き
LO-1(オーブン)の講習会も受けました。

c0347057_17434102.jpeg

こちらは15:00〜17:00まであり、最後にバケット山食パンの試食もありました。

10:00〜17:00までの1日セミナーで疲れましたが
とても勉強になった一日でした。

長々とお読み頂き、ありがとうございます。

[PR]
by tarmy-sweets | 2018-07-17 17:45 | 習い事 | Comments(0)
<< JHBS洋菓子コース 4 パン屋さんのパン教室〜7月〜 >>